創建舎
家守りブログ
mainte.exblog.jp
ブログトップ

続、続、塗装  

他にも、下記の塗料がございます。



【素材】リボス塗料b0153268_8445037.jpg


天然成分の亜麻仁油を主成分とした自然植物オイル








    【素材】オスモ塗料


植物油と植物ワックスを主成分とした塗料                                 
                 b0153268_845389.jpg










【素材】ウッドエイド塗料


創建舎で、現在 標準仕様です。シリコーンゴムとアクリルのハイブリッドにより、優れた耐候性と長期撥水性を兼ね備え、
これまでにない色持ちを発揮し、長く美しさを保ちます。


                b0153268_8561994.png













注意!!
自然植物系塗料は、防腐剤・防カビ剤を使用していないため、周囲の環境によっては、カビや腐れが早期に発生する場合があります。また、雨ざらしで痛みやすい場所や日の当りにくい箇所などは特に注意し、繰り返し塗装を行わなければなりません。
[PR]
# by soukensya-mainten | 2015-10-10 09:05 | メンテナンス



続、塗装の仕方  

お手入れポイント④ ― 塗料について ―

木は長い年月、風雨にさらされることで、木目が洗い出され、自然と時間が作り上げた表情になります。その表情を好まれて、塗装なしを希望される方もいらっしゃいます。また、塗装をすることで、いろいろな表情を作ることができ、外観に装飾性を持たせることもできます。
ここでは、創建舎で取り扱っております塗料について、ご説明します。

木部には「木材保護塗料」を使用されることをお勧めします。木材保護塗料は、一般的に2つの種類にわけられます。

・含浸タイプ(含浸性塗料)・・・木材に浸透し、表面に塗膜をつくらないタイプ
・造膜タイプ(造膜性塗料)・・・木材に浸透せず、表面に塗膜をつくるタイプ

含浸性塗料は、木が呼吸できるようになっています。木部に長く水が接すると、水の一部が染み込むことがあります。しかし、表面の水がなくなると、染み込んだ水は蒸発して外部に出て行くようになっています。一般的に良く売られている、ウレタン・ペンキ等は造膜性塗料と言われ、塗膜を作るため、一度入った水は出ていくことがありません。木は呼吸できるようにしておくのが、長持ちの秘訣です。
創建舎では、主に含浸性塗料のキシラデコールやリボス塗料、オスモ塗料を新築仕上がり時に使用しています。


【素材】キシラデコール塗料

有効成分(木材防虫剤、木材防腐・防カビ剤)を配合した屋外用のステインタイプの油性塗料。
木材防腐剤・防カビ剤・防虫剤を使用しているため、耐久性・耐候性に優れています。




注意!!
幼児が直接なめたり、食べ物と直接触れるような箇所への塗布は避けてください。

作業は、直接皮膚に塗料が付着しないように、ゴム手袋に長袖、マスクなどで防備して作業を行うようにしてください。

乾燥前(塗装中など)は、皮膚に付着しないように注意してください。
b0153268_1443127.jpg

[PR]
# by soukensya-mainten | 2015-10-01 14:05 | メンテナンス



ウッドデッキ ウッドフェンス DIY塗装 いかがですか?  

■ 塗装の仕方

塗装作業は、各塗料に記載されている注意事項をよく読んでから、作業を行ってください。通常は、表面の汚れを拭き取った後、1回目の塗装をします。充分に乾燥したら、上から重ね塗りとして2回目の塗装を行うと綺麗に仕上がります。各塗料の手順にそって、安全に作業を行ってください。



お手入れポイント①

塗装の前に・・・
長期にわたり塗装をしないでいると、色が剥げた部分や逆に色が残った部分、また黒ズミやカビなど、全体的に表面が粗く、汚くなってしまいます。このような状況で、そのまま塗装してもきれいな仕上がりは期待できません。塗装の前に木地調整を行うことでよりきれいに仕上がります。

木地調整方法
木材の表面に付いている土・汚れ等を、デッキブラシや亀の子タワシ、高圧洗浄などを使ってきれいに取り除きます。さらに、サンドペーパー(150~180番程度)で整えると、なお良い状態に仕上げることができます。



お手入れポイント② ― 塗装の選び方 ―

再塗装の際、いろいろな種類の塗料を混ぜてしまいますと、化学反応を起こす可能性があります。
新築当初と同じ塗料の使用をお勧めします。


お手入れポイント③ ― 準備するもの ―

・刷毛
・目地用刷毛
・軍手
・ウエス(布)
・塗料
・養生テープ

刷毛は高価なものである必要はありません。
低価格なものを1回切りで使い捨て利用するのが、安全管理上お勧めです。
また、毛が抜けすぎたものを使用すると、塗りムラが起きやすくなります。

注意!!
気象条件にもよりますが、塗布後2~3日はべたつきが残りますので、衣類などを汚さないようにご注意ください。(気候湿度・日照により乾燥に時間がかかる場合があります。)

塗装中は風通しを良くして作業を行ってください。

使用済の塗料は長期間の保管が困難ですので、なるべく早く使いきるようにしましょう。

この続きは次回...
[PR]
# by soukensya-mainten | 2015-09-25 17:13 | メンテナンス



ウッドデッキ  


■ デッキ・木柵

【素材】米杉(レッドシダー)

木材は、梅雨時期などの湿気や雨水などの水分を含むと、木が膨張し変形することがあります。これは、木材の性質上避けられず、性質・性能を損なうものではありません。


お手入れポイント①

木の表面にささくれが見られる場合は、紙やすりなどで削り表面を調整してください。


お手入れポイント②

デッキや木柵などの絶えず雨ざらしとなる場所や、雨掛かりの多い場所、乾きにくい場所は傷みやすい部分です。2年に1回程度塗装を行うことによって、美しく維持できます。
状況に応じて塗装を行うと良いでしょう。


b0153268_13593067.jpg

[PR]
# by soukensya-mainten | 2015-09-17 13:59 | メンテナンス



外壁 其の三  

【素材】板壁

塗装をされた場合、次第に退色していきますが、ただちに腐ったり痛むことはありません。色落ちや汚れが気になったら塗装をしましょう。塗装をすることによって、塗料が木材に染み込み、水をはじき、木材を長持ちさせます。
また、軒先や花台のように木材が水平に使われている場所は、雨掛りがあるため傷みやすいので、塗装を定期的に行うと良いでしょう。
b0153268_9322782.png
b0153268_9253113.jpg


ポイント!
軽い外壁の汚れであれば、水洗いをすることができます。


注意!!
材質・部位・環境によって変わりますが、屋根・外壁はいずれも10年前後を目安に再塗装の時期をむかえます。
板張りの場合は、立地条件等により、上記より短い期間で塗装が必要となる場合もあります。
状況に応じて塗装を行うことにより、劣化等を防ぐことができます。

屋根・外壁塗装は、足場を組むことも必要となりますので、経済性も考えて計画されることをお勧めしています。

b0153268_9503283.png
[PR]
# by soukensya-mainten | 2015-09-10 10:00 | メンテナンス





メンテナンスについて思う事。
by soukensya-mainten

カテゴリ

全体
定期点検
メンテナンス
改修工事
リフォーム
耐震診断
雨漏り
見学
掃除
シロアリ
その他
断熱
未分類

以前の記事

フォロー中のブログ

リンク集

関連ホームページ
↓↓↓
創建舎ホームページ

最新のトラックバック

地下室
from 中里のひとり言
IKEA
from 中里のひとり言
IKEA
from スタッフブログ ひめくり創建舎
住まいの工夫
from 中里のひとり言
住まいの工夫
from スタッフブログ ひめくり創建舎
皮むき挑戦
from 中里のひとり言
ローコスト住宅
from 中里のひとり言
職人
from 中里のひとり言
私たちは優良品質管理工務..
from スタッフブログ ひめくり創建舎
地下室
from 中里のひとり言

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

創建舎